長崎 眼鏡橋

2017.02.07 14:45|スケッチ
眼鏡橋
眼鏡橋          B5             2017.2


長崎の眼鏡橋(めがねばし)に行くのは3度目です。

1度目は高校の修学旅行。
2度目は20歳代前半、このときはたしか工事中でよく見えなかった。

そして3度目の今回。
橋のあたりを散策しましたが、いいですね~。
なんとも言えぬ郷愁を感じます。

先日BS「世界ふれあい街歩き」でも長崎の特集をしていました。
市電一日乗車券で回りましたが、どこに行っても長崎は長崎です。
いつかまた来れますように。

スポンサーサイト

築地の野菜たち

2017.01.27 23:50|小物
築地の野菜
B5        2017.1.27


今日は、福田進一さんのギター・リサイタルに行ってきました。
南米の曲が中心で、ギターって奥が深いなあとあらためて考えさせられる、素晴らしい演奏でした。
場所は浜離宮朝日ホール。

帰りはすぐ近くの築地場外市場に立ち寄り、
買ったのが上の野菜2点。
ルタバガは名前も初めて聞きました。
別名スウェーデンカブ。
明日はお店の方にもらったレシピで、ポタージュを作ろうと思います。

母の水墨画 その17

2017.01.16 14:51|母の水墨画
ひととき
昭子作      34.5 x 34.0 cm 2011.1


今年最初の母の水墨画です。
上の余白のしわがちょっと気になりますが、あえてそのままに。

お正月にぴったりと思っていたのに、お正月後になってしまいました。
でも、なぜか見ていてほっとする絵です。



大雪の日に


きのうまで、1週間ほど京都に帰省していました。
母と過ごしていると一日が早い早い。
1週間はあっという間に過ぎて、いざ帰ろうと朝玄関のドアを開けるとこの状況。

20cm以上の雪に加えて、まだ深々と降り続いている。
このあとあわてて通路をスコップで雪かきです。
バスとか新幹線が気になるなー。
でもとにかく出発。
母には雪かきをしないように忠告したけど、こっそりやってそうな気がする。
危ないからやめてね~。


雪の日


荷物を担いでバス停に行ったら、ご覧の通りでした。
この日京都女子駅伝の選手は大変だったでしょうね。

日本列島にいっきに寒波が来たようです。
みなさんも風邪を引かないようにしてください。

謹賀新年 2017年元旦

2017.01.01 14:50|小物
鶴乃子
鶴乃子     SM   

明けましておめでとうございます。
この1年も皆さまにとって良い年でありますように!

新年一番のスケッチは、
博多でゲットした銘菓「鶴乃子」のお正月バージョン。
この中には、紅白の鶴乃子がひとつずつ入っていて、
なんとも言えず愛らしいお菓子です。

今年もマイペースでブログを続けていくつもりです。
皆さまの一拍手も励みになります。
どうぞよろしくお願いします。

Mitsuko


白鳥の歌が聞こえる

2016.12.29 10:00|スケッチ
迫川の白鳥
迫川の白鳥      SM    2016.11


先月仙台に行ったとき、宮城県栗原市の迫川(はさまがわ)の白鳥を見に連れて行ってもらいました。
迫川の白鳥は、冬の間北から戻ってきて、夜の間はこの川で過ごすようです。

夕方4時半頃迫川に着いたとたん目に入ったのは、おびただしい白鳥の群れ。
ほんとにこのスケッチじゃ紹介しきれない、半端じゃない白鳥の数です。
あと、空には夕方で家路に向かう雁の大量の群れがあちこちに。
そのときの光景をぜひ皆さんにもお見せしたい。
でも残念ながらその画力がないのがほんとに悔しい。

到着が遅かったのかすぐに日が暮れてしまい、
まわりに街灯もほとんどないので、白鳥は闇に浮かぶシルエット状態となりましたが、
それでも着水や飛び立つ姿もとらえることができました。

そして、何より白鳥たちの大合唱。
「クークー」という高めの愛らしい声。
今も耳から離れません。
(「若柳迫川の白鳥」で検索すると白鳥の声が聞けますよ。)

この日の体験は、私にとってかなりのカルチャーショックだったようで、
今もふとした時に白鳥たちを思い出す次第です。


この1年も私のブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。

皆さま、どうぞ良いお年をお迎えください。



| 2017.02 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

Author:Mitsuko
ペンスケッチしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご来訪者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ